プログラマーとしての経験を積んでいる方の中には、「経験の割には、まだまだ上達していない」と感じている方もいると思います。
そんな方の中には、「どうして、自分はプログラミングスキルが上がらないのだろうか?」と感じている方も多いでしょう。「達人プログラマーの人は、どういったことに気を付けてプログラミングをしているのだろう?」と思っている方もいると思います。

実は、達人プログラマーの方は、プログラミング時に直交性に気をつけているのです。プログラミングを行う際には、自分が納得出来るプログラミングを行っていくことも大切ですが、誰が見ても分かりやすいプログラミングを行っていくことも大切となります。そのため、出来るだけプログラミングを行う際には、直交性を保っていくことが基本。

プログラミングをしていると、ついつい様々な影響を受けてプログラミングをしてしまいがちですが、出来るだけ必要のないもの、関係のないものは排除することを考えて作成していくことが大切となります。
こういったプログラミングが出来れば、各モジュールだけのテストを行っていけば良い状態となりますから、テスト時なども簡単に行うことが出来、仕事などのスピードを上げることも出来るでしょう。
「そういえば、自分のプログラミングは長いものが多い」と感じている方は、こういった直交性を意識しながら作成してみてはいかがでしょうか。

このように、長いプログラミングとなってしまう方や、ついつい様々なコードを取り入れてしまうという方は、直交性ある内容となっているのか今一度見直してみてはいかがでしょうか。

コメントする

必須フィールドには、* がマークされています。あなたのメールアドレスが公開されることはありません。