プログラマーとして活躍している方の中には、「ついつい、様々なコードが気になってしまう」という方もいると思います。仕事ではなく、プライベートなどでインターネットをしている時にも、「これって、どういうものだろう?」と気になる方もいるでしょう。そんな時、みなさんはどうしていますか。気になるだけで、スルーしてしまう方も多いと思います。
では、達人プログラマーが行っている、気になった時の実践について、ご紹介しましょう。

プログラマーの仕事をしていると、調べものをしたりすることもありますよね。そんな時、「これは、どういうもの?」「どういった意味があるのだろう?」と疑問に思うことがあると思います。達人プログラマーの方たちは、こういったHow toを見つけた時には放っておかず、すぐに写径したり、その都度調べる方が多いんですよ。

疑問に思ったコードを実際に書き出し、「このコードは、美しいコードなんだろうか?」と考えたり、「自分であれば、こういったコードにするな」といった取り組みなども行っています。こういった疑問から、すぐに実践に移すということが、上達の方法となるのではないでしょうか。
コードは、自分だけのものではなく、人が見ても分かりやすいことも大切ですから、こういった実践を積んでいくことで、自分のスキルアップをしていくのも楽しいのではないでしょうか。

「気になるコードがある」という時は、ぜひその疑問をスルーせずに実践してみませんか。こういった実践を繰り返していくことで、自然とスキルアップ出来、様々な対処方法も身に付けることが出来るはず。
疑問に思ったことは放っておかずにすぐに解決することはもちろん、もっと上を目指す上昇志向を持って自分の価値を上げる努力を怠らないことが、達人プログラマへの近道となるはずです。

Add Comment

Required fields are marked *. Your email address will not be published.